方南町 方南駅 無農薬 自然栽培 ジビエ料理 食事 美味しい料理 固定種野菜 

「スーパースーパー自然や」は、固定種野菜・無農薬無肥料の自然栽培を中心に、安全! 安心! 美味しい!をプロデュースするスーパーを越えたスーパースーパーです!

食ショック

食ショック

トランス脂肪酸(食べるプラスチック)

 トランス脂肪酸は、植物油などを加工するときに主に生じる物質で、マーガリンや揚げ物の油、菓子やパンづくりに使われるショートニングなどに含まれます。トランス脂肪酸はガンや心疾患、脳卒中のリスクを高める恐れがあり、カリフォルニア州のシュワルツェネッガー知事はトランス脂肪酸を含む食品を州内の飲食店から追放する州法案に署名し、2007年8月より同法が成立しました。ニューヨーク市などが事実上禁止していますが、州レベルでは初めてです。オランダ、デンマークを初めとするヨーロッパの各国で、すでに禁止されています。

●ノルマル・ヘキサン抽出油脂

 「普通のサラダ油」は、カナダやオーストラリアから輸入された原料(遺伝子組換えされているものがある)を使った食用油を無色、無臭にまで精製してあるもので、薬品(ノルマル・ヘキサン)で抽出し、苛性ソーダやクエン酸、シュウ酸、リン酸、活性白土などを使って精製するという工程を経て、商品化されています。ノルマル・ヘキサン抽出や高温処理によって脂肪酸は安全なシス型から有害なトランス型に変わります。また、製造工程中に薬品を使う危険性、遺伝子組換作物の危険性があるとともに、原料の持つ栄養分=抗酸化物質もいっしょに取り除かれてしまうので、開封後の酸化の進みが激しく、病気の原因である活性酸素を取り除く効果が発揮されません。実に抗酸化力は自然抽出油に比べて300分の1にまで落ちてしまうといわれます。

●一般の味噌・醤油・お酢

まずは、ポストハーベストの説明です。

ポストハーベスト農薬(—のうやく)は収穫後の農産物に使用する殺菌剤、防かび剤などのこと。ポストとは「後」、ハーベストは「収穫」を意味する。日本では収穫後の作物にポストハーベスト農薬を使用することは禁止されている。しかしながら米国をはじめとする諸外国から輸入されている果物等は、収穫後に倉庫や輸送中にカビ等の繁殖を防止するために農薬が散布されることがある。

日本ではポストハーベスト農薬に類するものとして、防カビ剤(オルトフェニルフェノール、ビフェニル、チアベンダゾール等)および防虫剤(ピペロニルブトキシド)が食品添加物として認められているが、制度上は国内で認められる「農薬」とは区別されている。 食品衛生法第4条第2項では、「添加物とは、食品の製造の過程において又は食品の加工若しくは保存の目的で、食品に添加、混和、浸潤その他の方法によって使用するものをいう。」と定義されている。収穫後の作物はその時点で食品とみなされるため、ポストハーベストは「食品の保存の目的」で使用されることとなり、食品添加物として扱われる。

原料に問題があります。

■味噌―大豆(ポストハーベスト) 米事故米 塩(工業的に精製された公社塩―高血圧の原因)
■醤油―小麦(ポストハーベスト) 大豆(ポストハーベスト、ノルマル・ヘキサン抽出した大豆油の絞りカス) 
■お酢―くず米、他用途米、輸入米(ポストハーベスト
 これらは、3ヶ月くらいの短期間で発酵させる速醸法でつくるため、酵母菌は十分成長せず、有益な効果が期待できません。また発酵期間が短いため色がつかないので、カラメル色素(発ガン物質)で着色しています。

おすすめの本

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional